第29回山形紅花まつり ←前回の様子はこちら / 高瀬地区内の日々の出来事など→
 
ご来場 誠にありがとうございました。 たくさんの皆様の笑顔を来年もお待ち致しております。
 
 

  
  6月27日(土)べに街道キャンペーン 
県内各地で紅花まつりが始まります!   市川山形市長と初仕事!緊張します。  来場者に紅花プレゼントが終わりホッ・・
 
 7月6日(日)山形駅・紅の蔵で紅花プレゼント 
山形駅ではすぐになくなりました。 紅の蔵ではこの行列です!   ちくちくするけどきれいだな〜
 
  7月11日(土)〜7月12日(日)第30回山形紅花まつり
 池坊花逍遥100選認定記念に生けて頂きました。  紅花プレゼント整理券配布に長蛇の列です!  紅花娘に負けない笑顔の吉村山形県知事
 長年の耕作者の方2名に感謝状を贈呈致しました。 市川市長より主催者あいさつ 吉村知事より30回のお祝いのお言葉を頂きました 
 紅花プレゼント、お待たせいたしました!  観光客の方々も一緒に踊って頂きました  華やかな休石老酒盛の披露
 
 山々に映える紅笠会の花笠踊 どんな模様の紅花染めになったかな〜  こんなにきれいに出来ました!
 
山形大学生有志のジビエ・紅花カレー振る舞い   中では高瀬小児童による紅花の研究発表 高瀬特産の手作り木工製品も販売 
 
こちらも高瀬特産、高瀬焼です。   焼き鳥や焼いかなども大人気!  『高瀬の紅花』お土産に最適です。
 
 めでたい休石大黒舞の披露  勇壮・華麗な鹿楽招旭踊  毎年大好評!無料乗馬体験
 
 写真撮影会にもご覧の人だかり!  本会場での写真撮影会  高沢会場でも晴天に恵まれました。
 
 
 山形紅花まつりが始まって30年・・・連作障害や後継者不足など数々の苦難がありました。
それでも、紅花を見に来て下さる皆様の笑顔のために、高瀬地区の方々は作り続けています。
地区の小さなおまつりですが、山形紅花まつりを通し高瀬地区の良さを感じて頂き、
「また来たいな〜」と思っていただけたら幸いです。


皆様のお越しを来年も紅花の里でお待ち致しております。

 
分類 : キク科
学名 : Carthamus tinctorius 
(Carthamusとはアラビア語で『染める』の意味)
和名 : 紅花、末摘花(すえつむはな)、呉の藍(くれのあい)
英名 : Safflower

 <最上紅花>
   原産地はエチオピアともいわれ、シルクロードをたどって6世紀ごろに日本に伝わったといわれています。山形で栽培が盛んになったのは15世紀半ばごろから。江戸初期には質・量とも日本一の紅花産地として栄えました。紅花染料は大変高価で『紅一匁(もんめ)金一匁』といわれたほど。最上川舟運によって山形と京・大阪が結びつき、多くの紅花商人たちが活躍、巨万の富を築いた豪商も現れました。明治に入ると化学染料の台頭によって生産は衰退しましたが、戦後その保存と復興がはかられ、のちに山形県花・山形市花として制定されました。山形県で栽培されている紅花は『最上紅花』といわれ、葉先が鋭く、とげのある種類(剣葉種)です。他に、とげなし紅花(丸葉種)や突然変異から生まれた白紅花、近年では品種改良によって小輪で分枝が多い「夏祭」も誕生しています。
  
  
 
   
 
〜 JR仙山線 〜
高瀬駅下車 徒歩15〜20分
バス・タクシー等はございません。




 
 〜 高速道路 〜
  ・山形自動車道を山形北ICで降り
  国道13号大野目交差点から山寺方面へ
  ・山形自動車道を関沢ICまたは
  山形蔵王ICで降り笹谷街道(国道286号)へ

 〜 一般道路 〜
  ・国道13号山形市大野目交差点を山寺方面へ
  ・笹谷街道(国道286号)滑川から
  べにばなトンネル(天童・山寺方面)へ 

 
 
より大きな地図で 高瀬紅花ふれあいセンター を表示

 
▲TOPへ戻る 
 〜 関連リンク 〜
高瀬紅花ふれあいセンター … 山形紅花まつり本会場
山形観光情報専門サイト「Web山形十二花月」 … 山形市観光協会のホームページ
山形県観光情報ポータル「やまがたへの旅」 … 山形県観光物産協会のホームページ
カウンター カウンター