村木沢地区紹介
地区概要


 
村木沢地区は、昭和31年12月23日山形市に合併しました。市の西部に位置し、エゾフクロウが生息する緑豊かな西部山岳とのどかな田園に囲まれた静かな地区です。農産物の栽培が盛んで、近年、啓翁桜や伝統野菜の悪戸いもは地区の特産物として全国に知られるようになりました。
 春になると見事な桜が咲き誇る村木沢小学校は、通称桜ヶ丘小学校と呼ばれています。そこから望む山形市は蔵王をバックに180度の美しいパノラマが広がる絶景のスポットです。特に冬の澄んだ空気に輝る夜景は息を呑むほど感動的です。
 地区の西部に位置する出塩地区には知恵の神様である出塩文殊堂があり、受験シーズンには多くの受験生が祈願に訪れます。境内には古くから地区に伝わる七不思議のひとつ ふたつの幹が重なりあった夫婦杉があり、夫婦円満と縁結びの神として祭られています。参道には、40種2500株のあじさいが植栽されていて、初夏になると色とりどりのあじさいが咲き誇ります。毎年6月下旬から7月中旬にはあじさい祭りが開催され、515メートルの静かな山の参道が賑わいを見せます。
 各地区に遺された史跡、今もなお伝承される伝統芸能や伝統野菜、ここに暮らしてきた人々がつくり上げてきた長い歴史と風土が魅力の地区です。


17自治会からなる村木沢
 上平
(うわだいら)・山王(さんのう)・長根(ながね)・長岡(ながおか)・金沢(かねざわ)・佐野(さの)・的場(まとば)・あじさい・悪戸南(あくどみなみ)・悪戸北(あくどきた)・上宿(かみじゅく)・中宿(なかじゅく)・下宿(しもじゅく)・若木(わかき)・足沢(あしざわ)・出塩(でしお)・大谷地(おおやち)
※17自治会・各団体からなる村木沢地区振興会が地区の振興を支えています。

地区の人口
 人口 1,882人  世帯数 614世帯
(平成30年1月1日現在住民基本台帳に記録されている人口及び世帯数) 

主な施設
 村木沢小学校
 第八中学校
 村木沢コミュニティセンター(あじさい交流館)
 山形県農業総合研究センター

特産物
 米、啓翁桜・大豆・そば・枝豆・悪戸いも

伝統芸能
 若木田植踊り(若木田植踊り保存会)

イベント
 あじさい祭り・球技大会・地区民大運動会・文化祭

見どころ・史跡スポット

各地区には、史跡や魅力のスポットがたくさんあります。

 【上平】山神 【山王】山王神社  【長岡】楯の観音堂  
【長岡】長岡楯  【村木沢小学校】桜ヶ丘   【中宿】愛宕神社
【下宿】新山大権現  【若木】若木楯   【出塩】出塩文殊堂 
 【悪戸】白山神社 【悪戸】阿弥陀堂  【若木】若木田植踊り 
村木沢地区史跡マップ  
※番号をクリックすると史跡の詳細が表示されます             拡大した地図をみる
 

MENU
 トップページ
ご利用案内
施設概要
業務案内
交流館だより
アクセス

あじさい交流館
〒990-2371
山形県山形市大字村木沢
       1672-1
TEL:023-643-2050
FAX:023-644-8401

mail:
 murakisawa@mmy.ne.jp

利用時間
9:00〜22:00
(年末年始を除く)
受付時間
平日
9:00〜17:00



このウェブサイトは、あじさい交流館運営協議会(村木沢コミュニティセンター)が運営しているサイトです。
このウェブサイト内の文章・画像等の無断引用・無断転載・無断コピーはおやめください。
 
私的利用の範囲を超える使用の場合は、あじさい交流館運営協議会の承諾が必要です
Copyright(C) murakizawa community center. All Rights Reserved.

image5 image5 image5 image5 image5 image5 image5 image5 image5 image5 image5