トップ 施設案内 利用案内 業務案内 サークル紹介 地区紹介 コミセンだより
出羽地区はこんなところ...
 出羽地区は市の北部、天童市に隣接している。南に村山高瀬川、北に立谷川、西に白川(馬見ヶ崎川)の清流があり、周囲を見渡せば、朝日連峰はじめ月山・葉山・蔵王連峰などの山並みが一望でき、豊かな自然環境とともに歴史が作られてきている。

 羽州街道沿いに発展してきた地域で、江戸時代には幕府領漆山陣屋が置かれ、多くの往来があった。国の重要文化財など、地区内には史跡や遺跡も数多く点在している。
 また、県・市の花となっている紅花は、戦時中、一時的に途絶えたが、戦後、出羽地区内において、奇跡的にも蘇り、県内の紅花はこの株から増えたともいわれ、「最上紅花」復活の地としても知られている。
 
 地区内には東西に国道や県道の主要道路及びJR線(漆山駅・南出羽駅)が走り、公共交通機関にも恵まれ、近年、住宅地の開発が進むなど、人口増加の傾向も見られる。

 地区として、各種団体と協力しながら、防犯・防災・福祉・交通安全等の活動を行いながら、安心・安全な街づくりを推進するとともに、地域の特性を生かして、豊かな地域づくりを目指している。

  地区人口 6,678人  世帯数 2,496世帯(H29.1.1) 男 3,236人 女3,442人
                   (資料:山形市市民部市民課)

公共施設等
 ・出羽保育園
 ・べにばな保育園
 ・大谷保育園
 ・出羽大谷幼稚園
 ・べにばな幼稚園
 ・山形市立出羽小学校
 ・JR漆山駅
 ・JR南出羽駅
 ・出羽郵便局
 ・伊達城簡易郵便局
 ・山形県中央家畜保健衛生所
 ・山形警察署漆山駐在所
 ・山形刑務所
 ・ポリテクセンター山形

 

拡大は地図をクリックしてください
 

拡大は図をクリックしてください
  
  地区の玄関口 

         漆山駅
 
最上紅花復興の地

  
 紅花摘み作業風景

 本尊(重要文化財)木造観世音菩薩立像 が安 置されている
        千手堂観音


  秋元領として明治3年まで続いた

        漆山陣屋跡 
  
 旧13号線沿いに羽州街道の面影を残す
 
     一里塚八幡神社
 
  斯波兼頼の曾孫満頼の草創である。(応永五 年1398)
        漆山稲荷神社

 鎌倉時代と推定される貴重な建造物


        伊東原重ね塔
 
 鮭も遡上する 
      
        村山高瀬川
 
 モダンな建物

          南出羽駅
 このページのトップへ